Monday, March 20, 2006

イヌイット・エスキモーアートとアメリカ原住民アート

両方ともイヌイット・エスキモーアートとアメリカ原住民アート過去数十年にわたり、価値ある芸術形式としての国際的な認知を得ました。しかしながら、それらの高まる人気は、模造品の急増を増やし、オリジナル原住民アートの複製品が大量生産される結果となりました。明らかに偽物と分かる作品は、プラスチック、樹脂または陶磁器の型から作られています。

他の偽物は、実はアメリカ原住民彫刻を模倣するために、エスキモー彫刻や木製品に真似たキャスト石でできています。これらの偽物は、本物のアートワークと見分けることが更に難しくなっており、しばしば、アートワークのオリジナル作品を複製した、手製の彫刻もあります。ワークショップのなかには、職人の許可なしに、数百部も不法に複製したところもあります。こういった偽造会社は、偽作品が原住民職人によって影響され、アートワークで使われる原住民デザインの背景情報でさえ主張する数種類のタグを付けるでしょう。なかには、偽のエスキモー彫刻の底にイヌイット文字を付け加えることさえあります。

消費者に模造品が本物であり、原住民コミュニティーのための産出している収入であるという印象を与えようとして以来、これらは彼ら側の非常に当てにならない戦略です。偽物や模造品が、本物のイヌイットやアメリカ原住民アートの印象を下げています。正真正銘の原住民アートワークの売り上げが減少し、順に原住民職人から収入を奪うことになりました。著作権使用料は、模造と複製のために、原住民職人へは通常払われません。

明らかに偽物である作品は、簡単に見抜くことができます。例は下に示される、ふくろうのトリオです。それは、エスキモーアート彫刻の模造品です。触っても冷たくないように、石で作られていません。それは、ずっしりとした重みのある石とは違い、非常に軽いです。その作品の詳細と底面は、型に入れて作られたように見えます。底には、Wolf Originalsという会社名の入ったシールさえ付いています。並んで、この作品が買われたお土産店の類似した作品の比較で、全ての作品があらゆる詳細までまったく同じであることが分かりました。そして、それはオリジナルアートワークには不可能なことです。

次のページ - イヌイット・エスキモーアートとアメリカ原住民アート

Free Spirit Gallery 日本語

No comments: